何もしない3連休

 子供の小学校の振替休日に合わせ、3連休。家事以外はのんびりと体をゆっくり休めて過ごしました。神社にお参りに行ったり(喪中はいけなかったのかも💧)図書館に行ったり、広い公園で寝転がって空を眺めたり・・・。


 夫の死と向き合いたくなくて何となく夫の写真も直視できなかった数週間。突然、眠ったまま亡くなった夫は自分の死に気がついているのか、供養とは何なのか、成仏とは何なのか。もし、逆だったら夫と子供にどう生きて欲しいのか。


 残念ながら、私には夫の気配を感じることができません。でも、光り輝く雲や太陽を見ると、夫がいると感じます。とある本に、楽しかった思い出は何ですかと書いてありました。そういえば、最近は夫がいないつらい現実に囚われてばかりいました。子供と過ごす夫の写真は幸せな笑顔で、その笑顔をみると幸せな気持ちになれました。逆だったら、ひたすら子供の心配をしてしまうだろうけど、その心配さえ吹き飛ばすくらい笑って過ごしてほしいと思っています。


 私の住んでいる場所は昔ながらの商店街があり、買い物に行くと明るく話しかけてくれ、通りすがりの年配の方が友達のようにに話しかけてくれます。雨が降っていると黙って傘をくれたり。そんな人情味溢れる街です。この街に引っ越すことになった時、夫は嫌がっていたけど、酔っ払って帰ってきた時、この街が大好きだ、引っ越してきて良かったって話してくれたね。


 楽しかった思い出と夫の笑顔を胸に頑張りたいと思います。