出会い

  今朝の通勤中、奥様を亡くした男性と偶然お会いした。私も知ってはいたけど、声をかけることができなかった。
 ご近所さんで、子供も学校が一緒。奥様を亡くされたのは3年前で、一番下の子は生後半年だったとのこと。「やっと大きい会社に勤めることができたんです。」と照れながら話してくれた。優しい笑顔がとても眩しかった。


 3歳になった娘さんを連れ、お互い風邪気味だったから、「お大事にしてください。」と深々とお辞儀をしあった。お話しできてよかったですと不器用そうに話してくれた。同じ悲しみを持っているのか、初めて話す気がしなかった。彼からしたらきっとまだ3年。まだ小さいお嬢さんと歩く彼に頑張る勇気をもらいました。